2018年5月23日水曜日

第3回 日韓親善ピンポンまつり開催のお知らせ

第3回 日韓親善ピンポンまつり卓球大会
(温泉卓球レベルでもだれでも大歓迎です。大会の終了後に親善パーティーがあります。)

主催:特定非営利活動法人エスペランサ・スポーツクラブ
後援:横浜市栄区、一般社団法人日本知的障がい者卓球連盟、一般財団法人オアシス
協賛:XIOM チャンピオン社

この度、韓国よりナショナルチームのメンバー数名と一般の卓球愛好家を迎え、日韓親善卓球大会を開催することとなりました。一般レベルでのピンポン外交国際交流、スポーツを通して卓球愛好者との親睦と技術の向上を図ります。初めての方からベテランの方まで老若男女問わず楽しめる大会にしたいと思います。
大勢の方のご参加をお待ちしています。


日 時
2018 年7 月28 日(土)
受付9:00開始、開会式9:30、親善パーティー18:15~19:45

会 場
横浜市栄スポーツセンター 横浜市栄区桂町279-29 ℡ 045-894-9503
JR 京浜東北線/ JR 根岸線/ JR 横浜線 『本郷台駅』下車 徒歩9 分
※駐車場は台数に限りがあり、混雑が予想されます。 なるべく公共交通機関をご利用ください。

参加資格
卓球が好きな方。卓球を始めてみようかなと思っている方。横浜市栄区とその近郊の在住在勤在学の方。国際交流に興味のある方。外国の方も大歓迎です。※以上のどれか一つに当てはまれば OK です。


予定ゲスト
・朴知賢(パク・ジヒュン、元韓国ナショナルチーム監督)
・梁英子(ヤン・ヨンジャ、ソウル五輪女子ダブルス金メダル)
・劉南奎(ユ・ナムギュ、ソウル五輪男子シングルス金メダル)
・洪次玉(ハンチャオク、バルセロナ五輪女子ダブルス銅メダル)
・佐原有美(韓国人名:李仙リ・ソン:85 世界卓球韓国代表、87 全韓国選手権優勝、12,13,14,15 全日本選手権マスターズの部優勝)
・伊藤槙紀(リオデジャネイロパラリンピック入賞)、パラリンピック強化選手の皆様

詳細、お申し込みは、こちらから。(PDFファイルが開きます)

お問い合わせ
〒247-0024 横浜市栄区野七里 1-38-6 NPO 法人エスペランサ・スポーツクラブ
卓球担当: 野村 剛
TEL090-9129-0686 メールアドレス:esp.pingpong@gmail.com


2018年5月21日月曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs アイデンティみらい「波に乗り切れない」


エスペランサSC vs  アイデンティみらい
関東サッカーリーグ2部・前期第6節 [AWAY]
2018/5/20(日) 11:00 kickoff
みらい平グランド



【結果】
前半 1-0
後半 0−0
合計 1−0

【得点】
38分 9吉葉(アイデンティみらい)

【警告】
15分 9黒田(エスペランサSC)
26分 9吉葉(アイデンティみらい)
43分 8オルテガ アグスティン(エスペランサSC)
56分 18鈴木(アイデンティみらい)
87分 28郡司(アイデンティみらい)
90+1分 1デーデー アンドリュー(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
2   玉川 由
4   佐藤 鷹司
90   アラウホ ルーカス
13    栗原 滉平
8   オルテガ レオナルド アグスティン
9   黒田 時矢
47   江川 真矢
17    井村 勇斗
7     北野 智貴

10 古川 頌久

【ベンチ入りメンバー】
21 大岩 幸平
3     柿崎 翔太
11 坂本 貴則
18 山上 雄大
26 矢野 達基
19 吉瀬 優大
15 麻生 大暉 

【交代出場】
81分  2→11    坂本 貴則
85分  7→19 吉瀬 優大
89分  4→3     柿崎 翔太

【試合レポート】
前節、勝利し連勝を飾ったエスペランサSC
今節の対戦相手は昇格組のアイデンティみらい。3連勝を飾り波に乗りたい。

試合は立ち上がりから押し込まれる展開。
ジャッジにもかなり苦しめられ、セットプレーからチャンスを作られる。
そんな中でもなんとかボールを落ち着かせて自分たちの時間を作ろうとするが、なかなか自分たちの時間は作れず我慢の展開が続く。
そんな我慢が続いた前半38分。左サイドから中央へパスを通され、そのパスを受けた選手がドリブルでカットインしてシュートを放つ。そのシュートに反応した相手選手が頭で流し込むような形で失点。
ここまでなんとか我慢してきたが、前半終盤で先制を許す。
失点直後のCKは得意の形で10古川がシュートを放ちそのこぼれ球に反応した4佐藤もシュートを放つがここは決めきれない。
その後もゴール前まで迫るチャンスを何度か作るも前半終了。
1点ビハインドのままハーフタイムへ。

後半は一転してエスペランサペース。
相手陣内でのプレーが多くなりチャンスも増えていく。
終始押し込み続け、決定的なチャンスも何度か作るがこの日はゴールが遠いエスペランサ。
徐々に疲労も見え始め時計の針だけが進んで行く。
最後は前がかりになったところでカウンターをくらう場面も出てくる苦しい展開に。
そして試合終了のホイッスル。

3連勝とはならなかった。
ここでリーグ戦は一旦中断し、次戦は全社予選。
全社本戦出場権を獲得し、その流れをリーグ戦に活かしていきたい。

今節もたくさんの応援ありがとうございました。
3連勝とはなりませんでしたが、まずは全社本戦出場を決めるべくチーム一丸となって取り組んでいきます。
引き続き応援をよろしくお願い致します。

【次戦のお知らせ】
6/3(日)
全社予選 vs 茨城県第2代表
RKUフットボールフィールドにて13:30ko

2018年5月7日月曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 横浜GSFCコブラ「下を向かない」


エスペランサSC vs  横浜GSFCコブラ
関東サッカーリーグ2部・前期第5節 [AWAY]
2018/5/6(日) 14:00 kickoff
かもめパーク

公式記録

【結果】
前半 2-2
後半 1−0
合計 3−2

【得点】
6分 9志連(横浜GSFCコブラ)
16分 9黒田(エスペランサSC)
23分 3曽谷(横浜GSFCコブラ)
26分 9黒田(エスペランサSC)
53分 10古川(エスペランサSC)

【警告】
9分 88鈴木(エスペランサSC)
44分 28海老沢(横浜GSFCコブラ)
86分 8オルテガ・アグスティン(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】

1   デーデー アンドリュー
11 坂本 貴則
4   佐藤 鷹司
2   玉川 由
17    井村 勇斗
8   オルテガ レオナルド アグスティン
88 鈴木 心
9   黒田 時矢
47   江川 真矢
26 矢野 達基
10 古川 頌久

【ベンチ入りメンバー】
21 大岩 幸平
3     柿崎 翔太
13    栗原 滉平
18 山上 雄大
7     北野 智貴
19 吉瀬 優大
70   中島 ひかり

【交代出場】
46分  26→13    栗原 滉平
60分  9→7    北野 智貴
75分  7→70   中島 ひかり
92分  70→3     柿崎 翔太

【試合レポート】
前節今シーズン初勝利をあげたエスペランサSC。
今節は同じ横浜市に本拠地を置く横浜GSFCコブラとの一戦。
上位進出のためには絶対に落とせない。

試合は立ち上がりから動く。
前半6分、左サイドを崩されDFラインの背後を取られると右足ボレーをニア上に決められて失点。
立ち上がり早々に失点を許し、出鼻をくじかれる。
しかし失点後は下を向くことなく良い攻撃をする場面を作る。
前半16分には、CKのこぼれ球に反応した9黒田が右足で抑えの効いたボレーシュートが決まり同点に追いつく。失点から早い時間で追いつくことに成功した。
エスペランサが同点に追いついた後は再び相手の時間帯。決定的なピンチを作られヒヤリとさせられる。
相手の時間が続いた中での前半23分。右サイドタッチライン際で与えたFKをDFラインとGKの間に放り込まれ、走りこんできた相手選手が頭で合わせ失点。再びリードを許す。
失点直後の前半26分。47江川のハーフウェーライン付近からのロングスローを10古川が競り合いの強さを見せ、そのこぼれ球を88鈴木が拾い相手ペナルティーエリア内に侵入。中への折り返しに合わせた26矢野のシュートはキーパーに阻まれるが、最後は9黒田が左足で押し込み再び同点に。
またしても失点直後の早い時間帯で追いつくことに成功する。
その後はエスペランサペースで試合が進んでいくがスコアは動かず2-2でハーフタイムへ。

後半立ち上がりもエスペランサペース。
後半8分にはCKを獲得し、88鈴木のキックを10古川が打点の高いヘディングを叩き込んで逆転に成功。
後半開始早々に逆転に成功する。
その後はポゼッションを高めようとする相手のボール回しに対してエスペランサのプレスがハマる回数が増え、ショートカウンターでのチャンスを作っていく。
徐々に疲労も見え始め、相手にチャンスを作られる場面も出てくるが最後の最後で体を張って防ぐエスペランサ。しっかりとブロックを作り集中した守備を見せる。
そして試合終了のホイッスル。

2度のリードを許す難しいゲームを勝利し、2連勝を達成した。
失点した後に下を向かずにすぐに追いつけたことが勝因の1つになった。
これで今シーズン2勝2敗1分けの勝ち点7で4位に浮上した。
ここから勝ち点を積み重ね上位進出を目指す。

この日も暑いなかたくさんの応援ありがとうございました。
次節は再び1週間空いて5/20(日)になります。会場は茨城県ですがぜひ会場での応援をお願いいたします。

【次節のお知らせ】
5/20(日)
vs アイデンティみらい(AWAY)
みらい平グラウンドにて11:00ko

2018年5月3日木曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs エリース東京「エスペランサらしさ」


エスペランサSC vs  エリース東京
関東サッカーリーグ2部・前期第4節 [HOME]
2018/4/29(日) 11:00 kickoff
かもめパーク




【結果】
前半 2-1
後半 3−1
合計 5−2

【得点】
29分 37山本(エリース東京)
41分 10古川(エスペランサSC)
45+3分 10古川(エスペランサSC)
49分 88鈴木(エスペランサSC)
55分 10古川(エスペランサSC)
68分 9黒田(エスペランサSC)
80分 9渋澤(エリース東京)

【警告】
24分 90ルーカス(エスペランサSC)
28分 8オルテガ・アグスティン(エスペランサSC)
45分 90ルーカス(エスペランサSC)
61分 22吉野(エスペランサSC)
85分 22吉野(エスペランサSC)

【退場】
45分 90ルーカス(エスペランサSC)
85分 22吉野(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
4   佐藤 鷹司
2   玉川 由
22 吉野 裕太郎
13    栗原 滉平
9   黒田 時矢
8   オルテガ レオナルド アグスティン
17    井村 勇斗
88 鈴木 心
10 古川 頌久
90 アラウホ ルーカス



【ベンチ入りメンバー】
21 大岩 幸平
18 山上 雄大
11 坂本 貴則
29 横山 嘉則
47   江川 真矢
19 吉瀬 優大
26 矢野 達基

【交代出場】
68分  9→11 坂本 貴則
70分  17→47 江川 真矢
90+1分  88→26 矢野 達基
90+3分  10→18  山上 雄大

【試合レポート】
開幕から3試合勝利から遠ざかるエスペランサSC
昨シーズンも初勝利をあげたかもめパークでの勝利を目指す。

前半、風下に陣地を取ったエスペランサSCは立ち上がり早々にはFKでチャンスを作るがその後はなかなかゴールに迫れず我慢の展開。
前半29分、自陣中央での相手FKがバーに当たった跳ね返りを拾われ、中央へ折り返されるとうまくボレーで合わせられ失点。かと思われたがFKの際に相手にオフサイドがあったとして主審はノーゴールの判定。
しかしエリース東京の選手、監督がレフェリーに詰め寄り抗議すると判定が再び覆りゴールが認められる。
エスペランサSCとしてはかなりモヤモヤする形で先制を許す。
前半40分、17井村→10古川→9黒田と繋ぎ中央にクロスを送ると4佐藤が競合った所のこぼれ球を10古川が頭で押し込んで同点に。

ところが前半45分、90アラウホ・ルーカスがこの日2枚目の警告を受けて退場となり一人少なくなる。
それでも前半45+3分には追加点。CKを得意のセットプレーから10古川が得点をあげて逆転に成功する。
そのまま前半が終了しリードを得てハーフタイムへ。



後半は立ち上がりから試合が動く。
後半3分、右サイドで奪ったボールを細かいパスで9黒田に繋ぎ、右足でクロスを上げるとこれが逆サイドに走り込んできた88鈴木の頭にドンピシャ。88鈴木がうまく頭で合わせてものすごく良い時間帯で追加点をあげる。



後半10分には再び追加点。 88鈴木が上げたCKのボールに対する競り合いの中で10古川がファールを受けてPKを獲得。このPKをきっちり決めて10古川はハットトリック達成。
後半14分にはエスペランサSCもPKを与えてしまうが、ここは1デーデー アンドリューが左手1本でPKストップ。相手に得点を与えない。


後半23分にはさらに追加点。自陣からのFKが相手DFラインの裏に抜けると、9黒田が持ち味のスピードを活かして抜け出し、飛び出してきた相手GKよりも先に頭で触りそのままゴールに吸い込まれた。


しかしこのプレーで9黒田が相手GKと激しく接触し頭を強く打ったため交代を余儀なくされる。
9黒田の気持ちのこもったプレーで追加点を奪ったエスペランサSCはこれで5-1と大きくリードする。
後半35分にはこの日2回目となるPKを与えてしまい、今度は決められて失点。5-2となる。
後半40分には22吉野もこの日2枚目のイエローカードで退場となり、この日2人目の退場者を出してしまう。
それでも残り時間は自陣ペナルティーエリア前でブロックを作り集中した守備で相手の攻撃を守りきり試合終了。

得点も多く生まれ、退場者も多く出るエスペランサらしさ全開の試合になった。
これでやっとクラブ全体が待ち望んだ今シーズン初勝利。開幕から続く嫌な流れを断ち切ることができた。
退場者が出るとなぜか強さを発揮するエスペランサSC。その強さが今シーズン初勝利を手繰り寄せた。
それでもまだまだ満足することなく次節以降の勝利を目指して戦わなければならない。

この日も暑い中たくさんの応援ありがとうございました。
次節もみなさんに勝利をお届けできるように全力でチーム一丸となって取り組んで行きます。
引き続き応援をよろしくお願いいたします。



【次節のお知らせ】
5/6(日)
vs 横浜GSFCコブラ(AWAY)
かもめパークにて14:00ko

2018年4月17日火曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 日立ビルシステム「あと少し」

エスペランサSC vs  日立ビルシステム
関東サッカーリーグ2部・前期第3節 [AWAY]
2018/4/15(日) 11:00 kickoff
日立ビルシステム大宮総合グラウンド

公式記録

【結果】
前半 0-0
後半 0−1
合計 0−1

【得点】
58分 18堀(日立ビルシステム)

【警告】
30分 11坂本(エスペランサSC)
69分 4佐藤(エスペランサSC)
72分 88鈴木(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
4   佐藤 鷹司
2   玉川 由
22 吉野 裕太郎
27 市木 良
9   黒田 時矢
8   オルテガ レオナルド アグスティン
26 矢野 達基
88 鈴木 心
10 古川 頌久
90 アラウホ ルーカス

【ベンチ入りメンバー】
21 大岩 幸平
11 坂本 貴則
18 山上 雄大
15 麻生 大暉
29 横山 嘉則
19 吉瀬 優大
70 中島 ひかり

【交代出場】
13分  90→11 坂本 貴則
76分  26→70 中島 ひかり
88分  27→19 吉瀬 優大

【試合レポート】
開幕から2試合勝利することができていないエスペランサSC。
対戦相手の日立ビルシステムは昨年の全社予選でも対戦し、悔しい思いをさせられた。
今節こそ勝利を掴んで波に乗りたい。

試合は序盤からエスペランサがペースを握る。
立ち上がり早々には4佐藤のクロスに90ルーカスが頭で合わせてポスト直撃のシュートを放つなど上々の立ち上がり。
しかし前半10分頃にアクシデント。90アラウホ ルーカスが怪我により交代となり早い時間でカードを切らざるを得なくなる。
その後はFKやCKなどからチャンスを作られる場面も出てくるが、エスペランサは流れの中からチャンスを作っていきペースを握り続ける。
それでも得点することはできず、スコアレスでハーフタイムへ。

後半も前半同様エスペランサペースで試合は進んでいく。
しかし後半13分。相手のクリアボールに走りこんだ相手選手に一瞬の隙を突かれて失点。
良い流れで試合を進めていた中で先制を許す。
その後もペースを握り、得点の予感がするチャンスを作っていく。
11坂本がペナルティーエリア内でファールを受けたように見える場面もファールはもらえず。
途中出場の70中島のクロスバー直撃のヘディングシュートや、22吉野のヘディングシュートも得点とはならず。
最後までチャンスを作り続けながらも追いつくことはできず0-1で試合終了。

今節も勝利することができなかった。
試合を通してペースを握り続け、内容で上回っていてもあと少しのところで勝ちきれない。
そのあと少しのところを詰めていく必要があるのかもしれない。
これで開幕3試合で勝ち点1。開幕ダッシュを切ることに失敗した。
しかし下を向かずチームとして全力で取り組む以外に道はない。

今節もたくさんの応援ありがとうございました。
次節は1週間空いて4/29(日)となります。
かもめパークでのホームゲームとなりますので、ぜひ会場での応援をお願いいたします。


【次節のお知らせ】
4/29(日)
vs エリース東京(HOME)
かもめパークにて11:00ko

2018年4月10日火曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs TUY「ホーム開幕戦」

エスペランサSC vs  TUY
関東サッカーリーグ2部・前期第2節 [HOME]
2018/4/8(日) 14:00 kickoff
保土ヶ谷公園サッカー場

公式記録

アルバム

【結果】
前半 0-1
後半 1−1
合計 1−2

【得点】
22分 10冨樫(TUY)
83分 8平山(TUY)
90分 4佐藤(エスペランサSC)

【警告】
50分 22吉野(エスペランサSC)
55分 88鈴木(エスペランサSC)
74分 10冨樫(TUY)
90+1分 20町田(TUY)

【退場】
21分 47江川(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
27 市木 良
22 吉野 裕太郎
2   玉川 由
47 江川 真矢
9   黒田 時矢
8   オルテガ レオナルド アグスティン
88 鈴木 心
17 井村 勇斗
10 古川 頌久
90 アラウホ ルーカス

【ベンチ入りメンバー】
21 大岩 幸平
4   佐藤 鷹司
11 坂本 貴則
18 山上 雄大
24 山本 和委
26 矢野 達基
29 横山 嘉則

【交代出場】
58分  27→11 坂本 貴則
62分  17→4 佐藤 鷹司
74分  22→26 矢野 達基
80分  90→24 山本 和委
90分  9→29 横山 嘉則

【試合レポート】
2018年シーズンホーム開幕戦。
アウェイでの開幕戦は引き分けに終わったが、ホーム開幕戦で今季初勝利を掴み勢いに乗りたい。たくさんのイベントも開催され多くのサポーターで盛り上がる保土ヶ谷での勝利を目指す。

エスコートキッズはエスペランサの下部組織ダビデFCの4年生が中心。


キックインセレモニーは、本郷台キリスト教会の池田博先生がかっこよく務めてくださいました!






ハーフタイムには、ジュウジカくんとともに抽選会!


試合は立ち上がりの数分でヒヤリとする場面を作られるなど、相手ペースでスタートするがコンパクトな陣形での守備で耐える。
その後は徐々にボールを保持する場面も出てくる。セットプレーからポスト直撃のチャンスを作るがエスペランサも得点までは至らない。
前半21分にはペナルティーエリア内でファールを取られた47江川 真矢が一発レッドで退場となる。このPKを決められて先制を許し、残り時間の多くを数的不利で戦う厳しい展開に。
それでも数的不利を感じさせないのがエスペランサ。逆にセットプレーなどからチャンスを作りゴールに迫っていく。
前半のラストプレーには、9黒田 時矢の積極的なドリブルを相手DFがペナルティーエリア内で倒したように見えたがここはノーファールの判定。
0-1のまま前半が終了しハーフタイムへ。

後半も立ち上がりからエスペランサペース。
9黒田 時矢の積極的な仕掛けや、短いパスが繋がってのチャンスも作っていく。
17井村 勇斗のヘディングシュートもキーパーに阻まれる。
その後も相手陣内でプレーする時間を長く作るがなかなか得点できない。
TUYも鋭いカウンターで攻め込む場面を作る。それでも最後の最後で体を張って守り追加点を与えない。
数的不利を全く感じさせない試合運びをすることができている中で迎えた後半38分。
TUYのカウンターに耐え続けたエスペランサだったが、セットプレーの跳ね返りからのカウンターで追加点を許し0-2となってしまう。
後半45分にはCKのこぼれ球を4佐藤 鷹司が左足を振り抜いて得点。なんとかもう一点を奪いにいくがそのまま試合終了。

ホーム開幕戦を勝利で飾ることができなかった。
それでも数的不利の中で戦う姿勢を前面に出し、勝ちに出た中で見えたものは多くあるはず。
まだまだシーズンは始まったばかり。この試合で出た収穫と反省点を次の試合に勝利するために活かすしかない。


最後に本日もたくさんの応援を感謝します。
サポーターの皆さんに勝利をお届けすることはできませんでしたが、次節勝利を目指してチーム一丸となって取り組んでいきます。





【次節のお知らせ】
4/15(日)
vs 日立ビルシステム(AWAY)
日立ビルシステム大宮総合グラウンドにて11:00ko

2018年4月4日水曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 東京国際大学FC「新たな1歩」


エスペランサSC vs  TUY
関東サッカーリーグ2部・前期第1節 [AWAY]
2018/4/1(日) 11:00 kickoff
東京国際大学坂戸キャンパス第2グラウンド

公式記録

【結果】
前半 0−0
後半 0−0
合計 0−0

【得点】
なし

【警告】
33分 90アラウホ(エスペランサSC)
35分 9中島(東京国際大学FC)
44分 13栗原(エスペランサSC)
62分 4佐藤(エスペランサSC)
87分 22吉野(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1  デーデー アンドリュー
27 市木 良
2 玉川 由
22 吉野 裕太郎
13 栗原 滉平
9 黒田 時矢
8   オルテガ レオナルド アグスティン
29 横山 嘉則
17 井村 勇斗
10 古川 頌久
90 アラウホ ルーカス

【ベンチ入りメンバー】
21 大岩 幸平
47 江川 真矢
4 佐藤 鷹司
11 坂本 貴則
88 鈴木 心
70 中島 ひかり
26 矢野 達基

【交代出場】
HT  29→88 鈴木 心
57分  90→4 佐藤 鷹司
73分  17→47 江川 真矢
84分  13→11 坂本 貴則

【試合レポート】
待ちに待った2018年シーズンの開幕。
開幕戦の相手は昨シーズンの関東2部チャンピオンの東京国際大学FC。
初戦からアウェイで難しい相手との対戦となった。
新加入の選手も多く入り、シーズン前には関東1部のチームを相手にTRMを行うなどチームの準備に時間をかけてきただけに期待がかかる。

試合は立ち上がりからお互いにバチバチにぶつかり合う激しい展開。
なかなかボールが落ち着かず、空中戦が多くなる。
球際の部分では東京国際大学FCもエスペランサのことを意識しているようにも見える。
その中でボールを落ち着かせて先に主導権を握ったのは東京国際大学FC。
徐々にボールを保持し、チャンスを作る。
エスペランサは我慢の時間帯が続くも、なんとか攻撃に出て行く場面も作り一進一退の展開。
どちらも守備のところでは最後に体を張って守る気迫を見せる。
前半はスコアが動かず0-0で折り返す。

ハーフタイムでエスペランサは1人目の選手交代。
29横山 嘉則に変わって88鈴木 心が投入される。
後半、東京国際大学FCはゴールキーパーも含めて細かいパスを繋いで攻撃を組み立てようと試みる。
対するエスペランサは前線から連動したプレスをかけて対抗する。
相手陣地でボールを奪う回数を増やしていきたいところ。
57分には90アラウホ ルーカスに変わって4佐藤 鷹司が投入される。
10古川 頌久を前線に1枚残し中盤を厚くしたのがうまくハマり、中盤での細かいパス回しも出てくるようになる。
何度か決定的な場面を作るが、得点には至らない。
終盤には東京国際大学FCにも決定的な場面を作られ、ヒヤッとさせられる。
それでも全員で守りきり0-0で試合終了。

開幕戦は0-0の引き分けとなった。
アウェイの地で昨シーズンチャンピオン相手に勝ち点1はポジティブなものとして捉えたい。
得点こそ生まれなかったもののチャンスを何度か作り、守備においては最後まで無失点で抑えることができた。
昨シーズン味わった勝ち点1の重みを大切に今シーズンは戦っていきたい。

次節は保土ヶ谷でのホーム開幕戦。
14:00キックオフで対戦相手はTUY。
ホーム保土ヶ谷で今シーズン初勝利をサポーターの皆さんと喜ぶために全力で戦います。
ぜひ会場での応援をよろしくお願いいたします。

【次節のお知らせ】
4/8(日)
vs TUY
保土ヶ谷公園サッカー場にて14:00ko