2018年4月17日火曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 日立ビルシステム「あと少し」

エスペランサSC vs  日立ビルシステム
関東サッカーリーグ2部・前期第3節 [AWAY]
2018/4/15(日) 11:00 kickoff
日立ビルシステム大宮総合グラウンド

公式記録

【結果】
前半 0-0
後半 0−1
合計 0−1

【得点】
58分 18堀(日立ビルシステム)

【警告】
30分 11坂本(エスペランサSC)
69分 4佐藤(エスペランサSC)
72分 88鈴木(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
4   佐藤 鷹司
2   玉川 由
22 吉野 裕太郎
27 市木 良
9   黒田 時矢
8   オルテガ レオナルド アグスティン
26 矢野 達基
88 鈴木 心
10 古川 頌久
90 アラウホ ルーカス

【ベンチ入りメンバー】
21 大岩 幸平
11 坂本 貴則
18 山上 雄大
15 麻生 大暉
29 横山 嘉則
19 吉瀬 優大
70 中島 ひかり

【交代出場】
13分  90→11 坂本 貴則
76分  26→70 中島 ひかり
88分  27→19 吉瀬 優大

【試合レポート】
開幕から2試合勝利することができていないエスペランサSC。
対戦相手の日立ビルシステムは昨年の全社予選でも対戦し、悔しい思いをさせられた。
今節こそ勝利を掴んで波に乗りたい。

試合は序盤からエスペランサがペースを握る。
立ち上がり早々には4佐藤のクロスに90ルーカスが頭で合わせてポスト直撃のシュートを放つなど上々の立ち上がり。
しかし前半10分頃にアクシデント。90アラウホ ルーカスが怪我により交代となり早い時間でカードを切らざるを得なくなる。
その後はFKやCKなどからチャンスを作られる場面も出てくるが、エスペランサは流れの中からチャンスを作っていきペースを握り続ける。
それでも得点することはできず、スコアレスでハーフタイムへ。

後半も前半同様エスペランサペースで試合は進んでいく。
しかし後半13分。相手のクリアボールに走りこんだ相手選手に一瞬の隙を突かれて失点。
良い流れで試合を進めていた中で先制を許す。
その後もペースを握り、得点の予感がするチャンスを作っていく。
11坂本がペナルティーエリア内でファールを受けたように見える場面もファールはもらえず。
途中出場の70中島のクロスバー直撃のヘディングシュートや、22吉野のヘディングシュートも得点とはならず。
最後までチャンスを作り続けながらも追いつくことはできず0-1で試合終了。

今節も勝利することができなかった。
試合を通してペースを握り続け、内容で上回っていてもあと少しのところで勝ちきれない。
そのあと少しのところを詰めていく必要があるのかもしれない。
これで開幕3試合で勝ち点1。開幕ダッシュを切ることに失敗した。
しかし下を向かずチームとして全力で取り組む以外に道はない。

今節もたくさんの応援ありがとうございました。
次節は1週間空いて4/29(日)となります。
かもめパークでのホームゲームとなりますので、ぜひ会場での応援をお願いいたします。


【次節のお知らせ】
4/29(日)
vs エリース東京(HOME)
かもめパークにて11:00ko

0 件のコメント:

コメントを投稿