2018年4月17日火曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 日立ビルシステム「あと少し」

エスペランサSC vs  日立ビルシステム
関東サッカーリーグ2部・前期第3節 [AWAY]
2018/4/15(日) 11:00 kickoff
日立ビルシステム大宮総合グラウンド

公式記録

【結果】
前半 0-0
後半 0−1
合計 0−1

【得点】
58分 18堀(日立ビルシステム)

【警告】
30分 11坂本(エスペランサSC)
69分 4佐藤(エスペランサSC)
72分 88鈴木(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
4   佐藤 鷹司
2   玉川 由
22 吉野 裕太郎
27 市木 良
9   黒田 時矢
8   オルテガ レオナルド アグスティン
26 矢野 達基
88 鈴木 心
10 古川 頌久
90 アラウホ ルーカス

【ベンチ入りメンバー】
21 大岩 幸平
11 坂本 貴則
18 山上 雄大
15 麻生 大暉
29 横山 嘉則
19 吉瀬 優大
70 中島 ひかり

【交代出場】
13分  90→11 坂本 貴則
76分  26→70 中島 ひかり
88分  27→19 吉瀬 優大

【試合レポート】
開幕から2試合勝利することができていないエスペランサSC。
対戦相手の日立ビルシステムは昨年の全社予選でも対戦し、悔しい思いをさせられた。
今節こそ勝利を掴んで波に乗りたい。

試合は序盤からエスペランサがペースを握る。
立ち上がり早々には4佐藤のクロスに90ルーカスが頭で合わせてポスト直撃のシュートを放つなど上々の立ち上がり。
しかし前半10分頃にアクシデント。90アラウホ ルーカスが怪我により交代となり早い時間でカードを切らざるを得なくなる。
その後はFKやCKなどからチャンスを作られる場面も出てくるが、エスペランサは流れの中からチャンスを作っていきペースを握り続ける。
それでも得点することはできず、スコアレスでハーフタイムへ。

後半も前半同様エスペランサペースで試合は進んでいく。
しかし後半13分。相手のクリアボールに走りこんだ相手選手に一瞬の隙を突かれて失点。
良い流れで試合を進めていた中で先制を許す。
その後もペースを握り、得点の予感がするチャンスを作っていく。
11坂本がペナルティーエリア内でファールを受けたように見える場面もファールはもらえず。
途中出場の70中島のクロスバー直撃のヘディングシュートや、22吉野のヘディングシュートも得点とはならず。
最後までチャンスを作り続けながらも追いつくことはできず0-1で試合終了。

今節も勝利することができなかった。
試合を通してペースを握り続け、内容で上回っていてもあと少しのところで勝ちきれない。
そのあと少しのところを詰めていく必要があるのかもしれない。
これで開幕3試合で勝ち点1。開幕ダッシュを切ることに失敗した。
しかし下を向かずチームとして全力で取り組む以外に道はない。

今節もたくさんの応援ありがとうございました。
次節は1週間空いて4/29(日)となります。
かもめパークでのホームゲームとなりますので、ぜひ会場での応援をお願いいたします。


【次節のお知らせ】
4/29(日)
vs エリース東京(HOME)
かもめパークにて11:00ko

2018年4月10日火曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs TUY「ホーム開幕戦」

エスペランサSC vs  TUY
関東サッカーリーグ2部・前期第2節 [HOME]
2018/4/8(日) 14:00 kickoff
保土ヶ谷公園サッカー場

公式記録

アルバム

【結果】
前半 0-1
後半 1−1
合計 1−2

【得点】
22分 10冨樫(TUY)
83分 8平山(TUY)
90分 4佐藤(エスペランサSC)

【警告】
50分 22吉野(エスペランサSC)
55分 88鈴木(エスペランサSC)
74分 10冨樫(TUY)
90+1分 20町田(TUY)

【退場】
21分 47江川(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1   デーデー アンドリュー
27 市木 良
22 吉野 裕太郎
2   玉川 由
47 江川 真矢
9   黒田 時矢
8   オルテガ レオナルド アグスティン
88 鈴木 心
17 井村 勇斗
10 古川 頌久
90 アラウホ ルーカス

【ベンチ入りメンバー】
21 大岩 幸平
4   佐藤 鷹司
11 坂本 貴則
18 山上 雄大
24 山本 和委
26 矢野 達基
29 横山 嘉則

【交代出場】
58分  27→11 坂本 貴則
62分  17→4 佐藤 鷹司
74分  22→26 矢野 達基
80分  90→24 山本 和委
90分  9→29 横山 嘉則

【試合レポート】
2018年シーズンホーム開幕戦。
アウェイでの開幕戦は引き分けに終わったが、ホーム開幕戦で今季初勝利を掴み勢いに乗りたい。たくさんのイベントも開催され多くのサポーターで盛り上がる保土ヶ谷での勝利を目指す。

エスコートキッズはエスペランサの下部組織ダビデFCの4年生が中心。


キックインセレモニーは、本郷台キリスト教会の池田博先生がかっこよく務めてくださいました!






ハーフタイムには、ジュウジカくんとともに抽選会!


試合は立ち上がりの数分でヒヤリとする場面を作られるなど、相手ペースでスタートするがコンパクトな陣形での守備で耐える。
その後は徐々にボールを保持する場面も出てくる。セットプレーからポスト直撃のチャンスを作るがエスペランサも得点までは至らない。
前半21分にはペナルティーエリア内でファールを取られた47江川 真矢が一発レッドで退場となる。このPKを決められて先制を許し、残り時間の多くを数的不利で戦う厳しい展開に。
それでも数的不利を感じさせないのがエスペランサ。逆にセットプレーなどからチャンスを作りゴールに迫っていく。
前半のラストプレーには、9黒田 時矢の積極的なドリブルを相手DFがペナルティーエリア内で倒したように見えたがここはノーファールの判定。
0-1のまま前半が終了しハーフタイムへ。

後半も立ち上がりからエスペランサペース。
9黒田 時矢の積極的な仕掛けや、短いパスが繋がってのチャンスも作っていく。
17井村 勇斗のヘディングシュートもキーパーに阻まれる。
その後も相手陣内でプレーする時間を長く作るがなかなか得点できない。
TUYも鋭いカウンターで攻め込む場面を作る。それでも最後の最後で体を張って守り追加点を与えない。
数的不利を全く感じさせない試合運びをすることができている中で迎えた後半38分。
TUYのカウンターに耐え続けたエスペランサだったが、セットプレーの跳ね返りからのカウンターで追加点を許し0-2となってしまう。
後半45分にはCKのこぼれ球を4佐藤 鷹司が左足を振り抜いて得点。なんとかもう一点を奪いにいくがそのまま試合終了。

ホーム開幕戦を勝利で飾ることができなかった。
それでも数的不利の中で戦う姿勢を前面に出し、勝ちに出た中で見えたものは多くあるはず。
まだまだシーズンは始まったばかり。この試合で出た収穫と反省点を次の試合に勝利するために活かすしかない。


最後に本日もたくさんの応援を感謝します。
サポーターの皆さんに勝利をお届けすることはできませんでしたが、次節勝利を目指してチーム一丸となって取り組んでいきます。





【次節のお知らせ】
4/15(日)
vs 日立ビルシステム(AWAY)
日立ビルシステム大宮総合グラウンドにて11:00ko

2018年4月4日水曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 東京国際大学FC「新たな1歩」


エスペランサSC vs  TUY
関東サッカーリーグ2部・前期第1節 [AWAY]
2018/4/1(日) 11:00 kickoff
東京国際大学坂戸キャンパス第2グラウンド

公式記録

【結果】
前半 0−0
後半 0−0
合計 0−0

【得点】
なし

【警告】
33分 90アラウホ(エスペランサSC)
35分 9中島(東京国際大学FC)
44分 13栗原(エスペランサSC)
62分 4佐藤(エスペランサSC)
87分 22吉野(エスペランサSC)

【スターティングメンバー】
1  デーデー アンドリュー
27 市木 良
2 玉川 由
22 吉野 裕太郎
13 栗原 滉平
9 黒田 時矢
8   オルテガ レオナルド アグスティン
29 横山 嘉則
17 井村 勇斗
10 古川 頌久
90 アラウホ ルーカス

【ベンチ入りメンバー】
21 大岩 幸平
47 江川 真矢
4 佐藤 鷹司
11 坂本 貴則
88 鈴木 心
70 中島 ひかり
26 矢野 達基

【交代出場】
HT  29→88 鈴木 心
57分  90→4 佐藤 鷹司
73分  17→47 江川 真矢
84分  13→11 坂本 貴則

【試合レポート】
待ちに待った2018年シーズンの開幕。
開幕戦の相手は昨シーズンの関東2部チャンピオンの東京国際大学FC。
初戦からアウェイで難しい相手との対戦となった。
新加入の選手も多く入り、シーズン前には関東1部のチームを相手にTRMを行うなどチームの準備に時間をかけてきただけに期待がかかる。

試合は立ち上がりからお互いにバチバチにぶつかり合う激しい展開。
なかなかボールが落ち着かず、空中戦が多くなる。
球際の部分では東京国際大学FCもエスペランサのことを意識しているようにも見える。
その中でボールを落ち着かせて先に主導権を握ったのは東京国際大学FC。
徐々にボールを保持し、チャンスを作る。
エスペランサは我慢の時間帯が続くも、なんとか攻撃に出て行く場面も作り一進一退の展開。
どちらも守備のところでは最後に体を張って守る気迫を見せる。
前半はスコアが動かず0-0で折り返す。

ハーフタイムでエスペランサは1人目の選手交代。
29横山 嘉則に変わって88鈴木 心が投入される。
後半、東京国際大学FCはゴールキーパーも含めて細かいパスを繋いで攻撃を組み立てようと試みる。
対するエスペランサは前線から連動したプレスをかけて対抗する。
相手陣地でボールを奪う回数を増やしていきたいところ。
57分には90アラウホ ルーカスに変わって4佐藤 鷹司が投入される。
10古川 頌久を前線に1枚残し中盤を厚くしたのがうまくハマり、中盤での細かいパス回しも出てくるようになる。
何度か決定的な場面を作るが、得点には至らない。
終盤には東京国際大学FCにも決定的な場面を作られ、ヒヤッとさせられる。
それでも全員で守りきり0-0で試合終了。

開幕戦は0-0の引き分けとなった。
アウェイの地で昨シーズンチャンピオン相手に勝ち点1はポジティブなものとして捉えたい。
得点こそ生まれなかったもののチャンスを何度か作り、守備においては最後まで無失点で抑えることができた。
昨シーズン味わった勝ち点1の重みを大切に今シーズンは戦っていきたい。

次節は保土ヶ谷でのホーム開幕戦。
14:00キックオフで対戦相手はTUY。
ホーム保土ヶ谷で今シーズン初勝利をサポーターの皆さんと喜ぶために全力で戦います。
ぜひ会場での応援をよろしくお願いいたします。

【次節のお知らせ】
4/8(日)
vs TUY
保土ヶ谷公園サッカー場にて14:00ko