2016年8月19日金曜日

[English Game Report] 7/30 Esperanza SC vs Nihon Kogakuin F Marinos


Esperanza SC vs Nihon Kogakuin F Marinos
Kanto Soccer League 2nd Div. 2nd Stage 6sec [away]
2016/7/30(Sat) 11:00 kickoff
at Nihon Kogakuin Ground

Starting Line-ups


GK 77 Tomomasa Nozaki
MF 11 Takanori Sakamoto
DF 33 Yu Tamagawa
DF 35 Shota Kakizaki
DF 20 Keisuke Nonaka
MF 43 Keiji Hatazawa
MF 8 Leonardo Agustin Ortega
DF 47 Shinya Egawa
FW 7 Tomoki Kitano
MF 4 Yuta Fujiwara
FW 10 Kaiki Inoue

Reserve Players

GK 98 Kaishi Hoshiko
DF 23 Msakazu Hara
DF 26 Naoya Imabe
MF 19 Tomoya Sekine
MF 5 Jorge Gustavo Ortega
FW 44 Daisuke Yoshiie

Substitution of Players
67min   43 out, 44 in (Daisuke Yoshiie)
83min  4 out, 5 in (Jorge Gustavo Ortega)


Highlight Movie


Game Report


We are heading to the end of the league. Each game would be important for Esperanza. This games opponent is also in a difficult situation. They have to win this game or they would put themselves in a hard situation. So we knew that this game would be a difficult game for Esperanza.

It was a hot day. The players had to concentrate is this hot day, which will change the game a lot.

On the 38th minute, the game moved.
The play started from a long throw from the right. The ball was thrown into the box. When Shinya Egawa tried to trap the ball, the opposing defender showed the bottom of his cleats and hit him in the leg. This was of course a foul and Esperanza earned a PK. It looked like a lucky judge from the referee but when looking over the game film, the defender’s foot clipped Esperanza’s players. It was a right call from the referee.
Tomoki Kitano was the kicker. He finished it and made it 1-0.

The first half ended 1-0 with Esperanza leading. The first half was a slow half.

For Esperanza, we  wanted the second goal early in the second half and have the game on our side.
From the kickoff of the second half, the opponent started to attack hard. Esperanza almost got scored on but our goalie, Tomomasa Nozaki did great saves. In these close games, one chance is all the team needs to score a goal.

In the 52nd minute, Esperanza scored their second goal. Shouta Kakizaki served the ball from far out close to box. Kaiki Inoue headed the ball back where Tomoki Kitano came running. Tomoki Kitano trapped the ball and passed it to Kaiki Inoue which was running behind the defender. Kaiki Inoue trapped the ball once in the air and head it into the net.
It’s a very important second goal for Esperanza. Kaiki Inoue and Tomoki Kitano has been playing since they were in their elementary ages. This goal came from the two players that really know each other’s playing style.

At this game Kitano Tomoki had 1 goal and 1 assist. He has 13 assists and is 1st for the assists rankings. Also he is ranked 2nd for goal scoring. He is getting closer to Nobuhisa Furukawa, which is in 1st place.

Of course the other team came hard after getting scored on twice. We knew this would happen.

In the 82nd minute, the opposing team attacked from the left side, sent a ball to a player in the middle and shot the ball. The goalie stopped it once but got scored on the ball after that. It made it 2-1.
After that the other team had a lot of chances but was not able to score. Esperanza’s defence were concentrating till the end. We got the win.

By winning this game Esperanza put their spot one above and became 5th in the league. We have 21 points. It is not official but we are 90% sure that Esperanza will stay in the league.

This time the streaming went well.
We received a lot of comments from the people who could not come to the game and also from Argentina. This time for a try, we put in head coach, Ortega’s short story during the half time. We will be supporting Esperanza by streaming the game live.

The player will enter a two week break of soccer. I hope that the player were happy to win their last game before entering the break.
But this year’s goal for the team is not going to the upper league or to stay in the league that they are right now. Our goal is JFL (Japan Football League), which is the fourth league from the top. Our player know that it is not easy to go to JFL. Esperanza is strong because God is fighting with us. We can do this!!

After the break we hope that the player’s are refreshed and are ready to fight again. There is 3 more games left for this league. Esperanza also is going to the Nationals in October.



Vamos Esperanza!

【総合型クラブ活動】ピンポンまつり卓球大会のご案内


エスペランサ・スポーツクラブでは、総合型クラブ活動の一環として、下記の通り「第2回日韓親善ピンポンまつり卓球大会」を開催いたします。卓球初心者から、上級者まで参加出来る大会ですので、ぜひご参加をご検討ください!
(定員がありますので、参加ご希望の方はおはやm


名称:第2回日韓親善ピンポンまつり卓球大会
  (元韓国オリンピック代表選手来場、エキシビションとレッスンがあります。)

日時:2016年10月15日(土)

会場:横浜市栄スポーツセンター 横浜市栄区桂町279-29 MAP


種目:S
資格:オープン
申込締切:2016年9月15日
チラシ、大会要項、申込用紙ダウンロード



第2回日韓親善ピンポンまつり卓球大会

(韓国ナショナルチーム来場、エキシビションとレッスンがあります。)

主催:特定非営利活動法人エスペランサ・スポーツクラブ
後援:横浜市栄区、一般財団法人オアシス
協賛:日本卓球(株)、XIOMチャンピオン社、コカコーライーストジャパン(株)、ダイドービバレッジサービス(株)、(株)伊藤園
協力:元韓国代表オリンピック選手の方々、韓国の一般の卓球愛好家の方々

日時:2016年10月15日(土)受付9:00開始 開会式9:45
会場: 横浜市栄スポーツセンター
横浜市栄区桂町279-29 ℡045-894-9503
JR京浜東北線/JR根岸線/JR横浜線 『本郷台駅』下車 徒歩9分
※駐車場は台数に限りがあり、混雑が予想されます。 なるべく公共交通機関をご利用ください。

予定ゲスト

朴知賢(韓国ナショナルチームコーチ、86,90アジア大会団体金メダル)
梁英子(ヤン・ヨンジャ、ソウル五輪女子ダブルス金メダル)
劉南奎(ユ・ナムギュ、ソウル五輪男子シングルス金メダル)
洪次玉(ハン・チャオク、バルセロナ五輪女子ダブルス銅メダル)
その他

参加資格:

卓球が好きな方。
卓球を始めてみようかなと思っている方。
横浜市栄区とその近郊の在住在勤在学の方。
国際交流に興味のある方。
外国の方でもOKです。
※ 上記のどれか一つに当てはまればOKです。

競技種目

①一般シングルスA レベル (性別年齢制限なし) ハイレベルな試合を望む方
②一般シングルスB レベル (性別年齢制限なし)  
③初級初心者シングルス (性別年齢制限なし) 数回しか大会に出たことがない方
④温泉卓球レベル(性別年齢制限なし)大会に出たことのない方
試合方法

1ブロック5〜6人によるリーグ戦、表彰はブロック1位のみ、優勝者は夕食パーティーへご招待

ル ー ル

現行の日本卓球ルール及び同細則に準ずる。①②③11点5ゲームマッチ、④11点3ゲームマッチ。

使用球

日本卓球協会公認球(ニッタク)ホワイト40mm+

予定人員

240名(定員になり次第締切ります)

2016年8月1日月曜日

【試合レポート】エスペランサSC vs 日本工学院F・マリノス「価値ある勝利」


エスペランサSC vs 日本工学院F・マリノス
関東サッカーリーグ2部・後期第6節 [away]
2016/7/30(土) 11:00 kickoff
日本工学院グラウンド

  [日本工学院F・マリノス]1-[エスペランサSC   ]
   得点 82分 9伊藤  0前1 得点 38分 7北野
               1後1    52分10井上
   警告 13分19後藤
      71分 5菊池
関東サッカーリーグHPより転載


【スターティングメンバー】

GK 77 野﨑 知真
MF 11 坂本 貴則
DF 33 玉川 由
DF 35 柿﨑 翔太
DF 20 野中 桂輔
MF 43 畑澤 慶次
MF 8 オルテガ レオナルド アグスティン
DF 47 江川 真矢
FW 7 北野 智貴
MF 4 藤原 裕太
FW 10 井上海希


【ベンチ入りメンバー】
GK 98 星子 海士
DF 23 原 正和
DF 26 今部 直哉
MF 19 関根 友弥
MF 5 オルテガ ホルヘ グスタボ
FW 44 吉家 大助


【交代出場】
67分、 43→44 吉家 大助
83分、 4→5 オルテガ ホルヘ グスタボ



【試合レポート】

関東リーグも終盤になり、昇降格にかかる大切な試合。相手もこの試合に勝たなければ一気に厳しくなることは目に見えており、厳しい試合になることは事前に想像がついた。

おまけにこの暑さ。
最後まで集中力を切らさずに戦えるかどうかも勝負のポイントであった。

前半、ややエスペランサペースだが五分五分といった所。
何度かエスペランサゴール前をボールが横切り、ひやりとしたシーンもあった。

しかし38分、試合が動く。
右サイドからペナルティーエリア内に放り込んだロングスローのこぼれ玉を江川真矢がコントロールしようとした所、相手が足裏で無謀なチャージをして江川の足に接触。これが相手のファールとなり、ペナルティーエリア内だったためPKを獲得!!いささかラッキーなPKにも思えたが、ビデオを見返してみれば、ベストポジションでしっかり見ていたレフェリーの見事なジャッジで、誰もが納得出来る良い判断であったことが分かる。
このPKを北野智貴が難なく決めて先制!!

そのまま前半を無失点で凌いでハーフタイムを迎える。


後半、早い時間帯にもう一点取って、しっかりと流れを手繰り寄せたいところ。
キックオフ直後にロングボールを蹴り込んできた相手のボールは、あわや失点かと思うような勢いでゴールに向かって来たが、GK野﨑が弾いてかろうじてコーナーに逃げる。こういう試合は、一瞬のスキが命取りになる。

すると52分、右サイド後方で得たフリーキックを柿崎翔太がペナルティーエリア近くまで蹴り入れると、井上海希がヘディングで前方にそらす。そのセカンドボールを北野智貴がコントロールして中央に走りこんだ井上に絶妙なパス。井上はワンコントロール入れてから最後は相手と競り合いながらも体を張ったヘディングでゴールマウスに押し込んだ!
貴重な追加点。小学生の頃から一緒にプレーして、お互いの特徴を知り尽くした二人の信頼関係があったからこそ生まれた連係プレーであった。
これで北野はこの試合も1得点1アシスト。1位を独走中のアシスト数を13に伸ばし、得点ランキングでも1位の古川頌久に肉薄する結果となった。


しかし、相手も必死であり、予想通り厳しい内容は続く。

82分、相手の左サイドライン際スレスレの攻撃を防ぎきれずに突破され、そのボールを受けた選手がシュート。一旦は弾くも、こぼれ球を決められて失点をしてしまう。

その後も、危ないシーンがあったが、何とか最後まで集中して守りきり、試合終了のホイッスル。貴重な勝ち点3をゲットした。


この試合を終え、順位を6位から5位に上げたエスペランサSC。
勝ち点は21となり、まだ確定ではないが、ひとまず降格の心配はほぼなくなったと言えるだろう。

この日は、ライブ放送もうまくいった。
アルゼンチンからも、どうしても試合会場に来れなかったサポーターの方からも、ライブ放送で観戦できて良かったという声をいただいた。また、今回は試験的にハーフタイムにオルテガ監督のショートストーリーを放映させていただいた。これからも、可能な限りライブ配信を安定&充実させて、エスペランサを背後から支える力としていきたい。


選手たちは、これから2週間のオフだ。最後の試合を気持ちよく勝利で終えることができて、気持ちよくしっかりとリフレッシュできるだろう。
しかし、今年の目標は単なる残留でも、1部昇格でもない。あくまでも目標はJFL昇格だ。もちろん簡単ではない。でもみんな知っている。厳しければ厳しいほど力を発揮できるのがエスペランサだ。神は私たちとともにいてくださる。だから「絶対できる」のだ。

ブレイクを終えた後、選手たちはさらに引き締まった表情で戦える戦士たちとなって帰ってきてくれるだろう。残り3試合。良い戦いをして、全国に備えて行こう!



Vamos Esperanza!